6年間愛用していたiPodに関する私のお話

つい最近の出来事です、私が6年ほど大切に愛用していたiPodtouchが壊れてしまいました。

浸水したわけではないので操作画面はつくのですが再生をタッチしても音楽が何故か流れないのです。

このiPodは通勤をはじめ、趣味のランニングをするときも車で音楽を流すときにも使っていましたのでかなりショックです。

しかし使っていた年月や頻度から考えると寿命をむかえても仕方ないように感じています。

そして、大事なのはこれから何で音楽を聴くかです。

日常的に携帯できる端末で音楽を聴くとなるとスマートフォンでも可能ですが、私のスマホはiPhoneではなくAndroid端末ですので、音楽を今までのiPodの様に500曲くらい入れるにはかなり無理があります。

だからと言って今から新しいiPodtouchを買うとなるとなかなかのお金がかかってしまい、私のお財布事情には辛いものがあります。(苦笑)

頭の中で「いっそのことスマホをiPhoneに機種変更しよう!」なんて考えましたが、今使っているAndroidのスマホは機種変更してからまだ2ヶ月ほどしか経っていませんのでかなりもったいないです。

音楽がないと何かと不便な私にとっては悩ましい事態です。

しかしです、そんな私に救世主が現れました。

それは現在iPhoneを使っているけどiPodも所有している(現在は別に暮らしている)実の姉です。

私の現状を説明したところ、なんと姉のiPodを「使ってないから良いよ。iPhoneで聴くし。」と譲ってくれました!

しかもです、あまり使っていなかったのか、かなり綺麗な状態でしたし、よく見たら壊れた私のiPodtouchよりも新しい機種でした。

大切に使うことと感謝を姉に伝え、今は新しく譲ってもらったiPodに少しずつお気に入りの楽曲をiTunesから入れている私なのでした。

そんな感じで以上、「捨てる神あれば拾う神あり」的な気分を味わった、私のiPod事情でした。

以上です。