疾患の原因は葛藤?!

わたくしは3ご時世ほど前から体の起こる部分に痛苦があり、痛苦最後の薬を飲んでも効きません。
最初に疾患を感じたあたりは、さほど重大にとらえておらず「そのうち直るだろう。」と思っていました。
但し2週経っても痛苦が取れず、さすがに心配になってきて医院へ行きましたが、医師には「どこも崩れは弱いようですよ。」と医療されます。
崩れがないので当然薬もレシピされませんが痛苦はあるので、その日から医者買い物の毎日が始まりました。
ただし、どの医院へ行ってもはっきりとした病名はわからない通り。中には「あなたは何をしたくて来院しているんですか?」とまでいう医院もありました。
ファクターがわからず、問題が大きくなり一切医院で厳重医療を受けましたが、やはり決定的な原因はみつからず、すると最終的に話しられる原因は「ダメージや問題による痛苦ですね。」となるわけです。
私としては痛苦がなくなるならば原因はどうでもいいのですが、ハート科を紹介され、問題を和らげる薬を呑み続けて約3ご時世経ちますが一向に痛苦は消えません。激しく痛むわけではありませんが、日毎朝から晩まで痛みがある生活を送るは本当に鬱陶しいものです。
医学は進歩していると言いますが、病気を背負ってみて、ファクターを認定できない医療不可能病気は沢山ある事を知りました。